長らくすみません…
何があったのか知りませんが、
このブログにログイン出来ない状態が続いていました
やっと復旧したので、お伝えいたします。

ブログへコメントをくださった、たぬきさん…すみません。

今後ともよろしくお願い致します。
2017/06/29(Thu)00:15 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
iPhone 6sのバッテリー交換!
最近は休みの日には山にばかり行っています。
この冬は雪山を堪能できました~(*^ワ^*)

2月に“近畿のマッターホルン”と称される「高見山」に行きました。
奈良県と三重県の県境で、関西では霧氷で有名な山です。
ちょうど寒波がきてたので素晴らしい霧氷を見る事ができました!

takami2016

あまりにも綺麗なのでスマホで写真を撮りまくり!
気温は低く、強風が吹いてたので指が冷たい…(ノД`)・゜・。

使い捨てカイロをポケットの中に入れてスマホを温めてたのですが…限界だったのでしょう。
僕のスマホは、バッテリー50%の状態で電源が落ちました ( ノω-、)

後日、スマホでネットを見てたら、30分で充電切れになる状態になりました。

“バッテリーライフ”というアプリでバッテリーの摩耗状態が概ね判断できるみたい。
早速、アプリを入れて調べてみます。

充電_1

非常に悪い∑(゚□゚;)

充電_2

容量も無い(●´・△・`)
そしてバッテリーの交換を考えました。

選択肢は3つ。
Apple Storeか、正規プロバイダー店での修理。
街の非正規修理店での修理。
自分で交換。

僕は自分で交換する事にしました(*゚▽゚*)



ネットでバッテリーを購入
\2,690- ゜*。(*´Д`)。*°

50歳を越えたら老眼鏡は必須!
爪切りも老眼鏡が無かったら出来ません(ノД`)・゜・。
そして交換してみたら…

充電_3

完璧(*^ワ^*)

充電_4

生まれ変わりました!
しかし…


iPhone6sはバッテリーに不具合があったみたいで、シリアルNo.が対象の物は無償でバッテリー交換をしてくれるプログラムがある事を知りました。
AppleのサイトでシリアルNo.を調べたら、僕のiPhoneは対象品でした。

そこでAppleのサービスに電話を。
「自分でバッテリー交換をしたのですが、無償バッテリー交換はしてもらえますか?」の答えは、
「中を開けてみて、不正改造とみなされたらダメです」との答え。

Appleで修理交換をする場合はデータを初期化しないとダメなので、復元するのも手間がかかります。
あと2~3回くらい、自分でバッテリー交換をして使い続けようかな?と思ってる鷲見でした。
2017/04/02(Sun)23:59 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
まだ雪が降ってました…
ブログを更新しなくて一ヶ月以上が経ってしまってました。

ブログに雪を降らせていたのですが、いつの間にか冬も終わり、
本州では桜の花も散ってしまいました。

でも、せっかくなので桜の花びらを降らせてみま~す。
北海道では桜はゴールデンウィーク辺りらしいので、まだまだ季節外れでもないですね!

ベースのピックアップ、『山彦』はビックリするような事がありました。
これは記事にしないと…

きっと次回のブログで書くと思います。
でわ。

CU~♪
2013/04/17(Wed)15:31 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
映画・フライトを観て
映画・フライト

話題の映画『フライト』を観てきました♪
映画は実話ではないとの事ですが、
これと同様の飛行機着陸事故は過去にあったらしいです。

最近の映画はCGが多用してあったり、ストーリーが複雑だったりするのですが、
この映画はストーリーも解りやすく、頭の悪い僕でも最後まで楽しめました~
(*^ワ^*)

(少し前に観た『アベンジャーズ』は、訳が解らないので途中で寝ました・笑)

前に『英国王のスピーチ』を観た時にブログを書いたのですが、
このフライトも主人公と自分に似ている点があるので、余計に気持ちが入ってしまう映画でした。

現在上映中なので、あまり書くとネタばらしになってしまいます(・o・*)
だから、今回はこの辺で~~~

失礼!(*ゝェ・)/~☆Bye-Bye



オマケ:今回のブログで500回目の記事になりました!
2013/03/13(Wed)19:59 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
ノンアルコールビール、3つの比較(^m^ )
3種類の比較

最近のブログ更新は、いつも水曜日の昼ですが…、先週は書けませんでした。

今日は46歳の誕生日~!!!
今回のブログは「ノンアルコールビールの味の比較」です。

今まで、インフルエンザで40℃の熱が出ようが、
大怪我をしたり、手術をしたり、牡蠣にあたったりしても酒を飲んでいました。

朝から飲むのも日課だったりして、皆様から「アル中」と言われたりしました。
一度だけ禁酒をしたのは、飲みすぎで肝臓を壊した時だけです。

しかし現在、私は禁酒をしています。
先週にちょっとした手術をしたからです。

普通なら「そんなん関係あるかい!」と言って飲むのですが、
今回は完治させないと、再手術で半月くらいの入院になってしまうからです。
酒を飲みたいけど、強い意志で禁酒を続けています。

今まで「ノンアルコールビールなんか飲むくらいなら、水を飲む方がマシ」と思っていましたが、飲んでみたらそれなりにご飯も美味しく感じる~(*^ワ^*)
そこで昨夜はノンアルコールビールの飲み比べをしました!


近くのコンビニに、この3種類が売っていたので、3つを比較☆

なぜ比較をしようと思ったのか…?
それは、AsahiのDRY ZEROの6本パックを家に買って帰った後に、比較してるサイトを見てしまったからです(笑)

「ノンアルコールビールの比較」は沢山のサイトで書かれていますが、SUNTORYのALL-FREEが人気ランキングで評価が高いです。
続いてKIRIN、Asahiの順番が多いですが、
「自分は評価の低いヤツを買ってしまったのか?」と思えば思うほど、自分の舌で味の比較をしてみたくなりました。

以降は、昨夜の僕の飲み比べの評価です。



メーカー名はふせて書きますが、答えは最後にリンクを貼っておきます。
ププッ ( ̄m ̄*)

■その1:飲み比べて「なんじゃこりゃ!?」というくらい不味かったです。
 途中で飲むのもヤメて捨てました。

■その2:「これは美味い!」ビールとは違うが、普通に飲めて食事も美味しく感じました。

■その3:少し物足りない。比較飲み比べを続けていたら、私的1番の物との差は歴然でした。


結局、昨夜は2.5リットルくらいのノンアルコールビールを飲みました(笑)

◆答えはここをクリック◆


ブラウザによっては答えが文字化けする場合があります。
その時は違うブラウザでご覧ください。
2013/02/27(Wed)17:24 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
予防接種
ホームページもブログも放置状態ですが、普通に生きてま~す!

急に寒くなりましたが、皆さん体調はどうでしょうか?

今日は恒例のインフルエンザの予防接種に行ってきました。
ご飯を食べたら体温が上がって、37.5℃を越えるので空腹で出動。
見事!36.6℃でした~(^^)/

さぁ、今からご飯を食べて演奏だぁ♪
今月は筋肉強化月間にするつもりです。

PCの電源を入れる時があったらホームページの更新もしなければ…

それでは~~~
2012/11/02(Fri)18:45 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
昼夜逆転生活のやり方
5月から昼に行動し、夜中に寝る生活をしていました。
身体は、凄く楽でした!
やはり人間は太陽と同じリズムで生活する生き物なんだな…と感じた。

しかし、
9月に入り、昼夜逆転生活が再スタートしました。

以前は、生活の工夫をしなかったので、身体はボロボロで、
演奏に出掛ける直前まで寝てました。
演奏に行っても、意識がもうろうとして最悪な演奏ばかり…(--;)

今回は、それを回避できています!

なぜ昼夜逆転の生活をしてるかというと、
演奏の仕事が終わってからセカンドビジネスで夜勤をしてるからです。
仕事が終わるのは、早くて朝の6時。残業もします。
帰ってから、ご飯を食べて酒を飲んで寝る。

立派な昼夜逆転生活。
救いは、規則正しい事です。

交代勤務の人は凄くシンドイらしいです。

日勤の日もあれば、夕勤、夜勤になったり…。
例えたら、医療や介護の仕事とかです。
国際線のパイロットやスチュワーデスも勤務時間が一定してませんよね。

僕は昼夜逆転をうまく生活できるように色々と工夫をしています。
朝に仕事が終わって帰る時は太陽が昇ってるので、
サングラスをかけて、なるべく光を見ないようにします。

そして、深酒はしない。軽く飲むだけです。
家に帰ってからのご飯も、遮光カーテンを少し開けた状態の薄暗い中で食べています。
グッピーの水槽はライトを点けるが、アルミホイルで覆って光が見えないようにしてます。

そして耳栓をして寝ます。
すると、身体が本当に楽になりました!

最近の関西は、毎日のようにゲリラ豪雨があります。
激しい雷と、土砂降り。
しかし、それに全く気付かなく熟睡しています。

以前に昼夜逆転生活をしていた時は寝れないのが悩みでした。
寝れないから昼から酒を飲んだり…睡眠なんてない生活。
しかし、今回はそれが無く、まあまあ快適に生活できています。

遮光カーテンで、部屋はかなり暗くなっていますが、
本当は部屋を真っ暗にするのが良いらしです。

部屋を真っ暗にする為に、窓ガラスにアルミホイルを貼る人もいるらしいです。
(かなり快適に眠れるらしい…)
僕は、「遮光カーテンの二枚重ねをしてみようかな?」と思っています。

あと、
太陽の光を浴びないと、ビタミンDが合成されないので骨粗鬆症になる。
そんな事を聞いた事がありますが、
「ビタミンDは食事で充分な量を摂れる為、心配する必要はない」らしいです。

この生活は、あと20年くらいは続きそうです。
ファイヤー(=`◇)<炎炎炎炎ブォォー!!!
2012/09/15(Sat)01:29 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
Facebookの諸々…
R25に載ってた記事に触発されて書きました。

皆さん、Facebookをしてますか?

最近、スマートフォンの普及からでしょうか?
SNSと称されるFacebookをやっている人がとても多いですね。

演奏に行っても、若いスタッフの人達はFacebookの話ばかり。
まずFacebookでの共通の話題から…みたいな



最近のmixiってどうなってるんでしょうか?
かつて、私もmixiをやってて、それに支配されていました。

mixiは、どうでもいいような人から友達申請がくるし…。
結果、人間関係は滅茶苦茶になりました。
だから、私はFacebookをやっていません。

(IDは持ってるけど、友達ゼロ…笑)


Facebookといえば、“本名”での利用がお約束。
なので、古い友人や知人とFacebook上で再会できる事もありました!
それはそれで嬉しいのですが、Facebook上では友達にはなりません。
他の人から友達申請がきたらイヤだからです。
(実際、友達申請は「承認しない」を毎回選択しています)


- 以下、R25の記事 -

小中学校時代のクラスメイトなど、懐かしい友人と再会できるのはうれしいんですが、
なかには「いやー、正直いって気まずい!」という相手との人間関係が復活してしまうケースもあったりするようです。

そこで、周囲にいるユーザーに調査を実施。思わず苦笑いしてしまう“フェイスブック被害”のエピソードを集めてみました。まずは人間関係復活編から。

●「ブラック過ぎて辞めた会社の元上司から“友達”申請が。以来、何かにつけて上司ヅラで行動に口出ししてくる。もう関係ないんだからほっといてほしい…」(20代男性)
●「借金していたことを忘れたまま連絡をとらなくなった古い友人と再会。最初のメッセージが『おい、金返せよ』だった」(30代男性)
●「ずっと親友と思って付き合っていたヤツに、友達申請を拒否された」(20代男性)

うーん、悪気があるのかないのか、面と向かって文句を言いにくいのがつらいところですね。続いて、現在の人間関係にフェイスブックが絡んでトラブル化するケース。

●「嫌いな同期と表面上だけ“友達”になり、自分の投稿は見えないようにブロック設定していたのがバレていた。死ぬほど気まずい」(20代男性)
●「合コンで知り合った男性から友達申請され、断りきれずに承認したら、翌日から公開ストーキングが始まった。ひたすら『いいね!』され続けて怖い」(20代女性)
●「こっそり見ていたエロサイトの『いいね!』ボタンを気づかずに押してしまい、友達全員に趣味を晒してしまった。死にたい」(20代男性)

現実の人間関係とリンクするのがSNSの醍醐味ですが、うっかり使い方を間違えると恐ろしいことに…。そしてお決まりのトラブルといえば、やっぱり恋愛関係。

●「昔付き合っていた元カノから、自分と今カノに友達申請がきた。以来、彼女との間が微妙な空気に…」(20代男性)
●「激太っていたころの黒歴史な写真を友人にタグ付きで晒され、彼氏に見られてしまった」(20代女性)
●「彼女のアルバムページを開いたら、自分と浮気相手のツーショット写真がアップされていた…!」(20代男性)

人間関係を広げるはずのSNSが、人間関係をこじれさせることもあるようです。フェイスブックに限らず、ネットで個人情報を公開するときは細心の注意を払いたいものですな。
2012/08/20(Mon)03:48 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
心に残る映画
私は、強度のドモリ( 吃音症 )です。

ほとんどの人は、意識にも無いでしょうが、
ドモリは、私にとって深刻な問題です。
私は特に、「あ、い、う、え、お」から始まる言葉が喉に引っ掛かります。

私は、映画「英国王のスピーチ」を観ました。
(The King's Speech) Wikipedia

凄く感動しました!

映画は、 吃音症の新任王子の「演説」と、
それを手助けするカウンセラーの話です。
その友情に感動するのが、この映画の一般的な楽しみ方でしょう。

普通の人(ドモリでない人)は、喋りたい事がスラスラと言えて、
文章を読む事も、苦しむ事なく、声に出して言えると思います。

しかし、私はドモリ(吃音症)の為、普通に喋る事が出来ません。

映画を観て、私は主人公のドモリの苦労や気持ちに共感しました。
自分の気持ちとダブって、涙が止まりませんでした。

映画の中でも言っていますが、
私も、考え事をしたり、歌ったりする時はドモル事はないのです。
「生まれつき吃音の子はいない」と言うセリフも印象的でした。

主人公の英国王になった男性は、幼少の頃に左利きを矯正されたり、
X脚の矯正で辛い経験をした事、食事をさせてもらえなかった事等を語っています。
それが原因で吃音症になったのか…それは解りませんが、
吃音症の人は、そのような幼少体験があった事が多いみたいです。

私が調理師になったのは、子供の頃の食べ物に関する憧れからでした。

その事は、私のHPのBiographyのページにも書いています。
私には、食事を作ってもらえなかった記憶があります。
弟は、普通に食事を作ってもらっていたのに…。
他にも、Biographyのページには 色々な生い立ちを書いています。

その後、音楽家になったのは、「喋れない自分」だったからかもしれません
とても良い映画でした。
2012/05/22(Tue)18:32 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
新聞配達
朝方に、フラ~とコンビニにビールを買いに行ったりします。
そんな時に見るのが、新聞配達の人。

今から30年以上前、
私は、中学生の頃に新聞配達をしていました。

雨の日も、風の日も…は普通です。
鳥取県は冬に雪が降る日も多かったです。

普段どおり、自転車に新聞を乗せて配ろうとするが、、
雪の時は自転車のタイヤと泥よけの間に雪が入り込み、車輪が回らなくなります。

そんな時は、自転車を放置し、
重い新聞の束を背負い、走って配るのは『ど根性』でした。

休みは、一ヶ月に一度の休刊日だけ。
しかし貰う金額は、一ヶ月で5,000円くらいでした。

アルバイトは中学校で禁止されていました。
明らかに足元を見られて、安く扱われていたのだと思います。

毎朝、配達の時間に目覚まし時計で起きていましたが、
休刊日にも勝手に目が覚めてしまいます。
毎朝の新聞配達が終わってから、少し寝て学校に行く毎日でした。


最近は、演奏の仕事も少なく、生活の為にアルバイトもしています。
でも、苦労に弱音を吐いたりしません!
来月からは、新しいアルバイトも頑張ろうと思っています!

ジュースが買えなかった子供の頃と違い、
今は、朝からコニビニに行けるようになれたのだから…
2012/05/13(Sun)06:09 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ