スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
台風12号と一回忌(行き編)
9月4日(日)は父親の一回忌の法事。

法事は、朝の11時からなので、当日出発では間に合わない。
だから、前日(土曜日)に到着する必要がありました。

場所は、鳥取県米子市の隣の大山町。

この度の大型台風12号。
9月3日は、法事の前日、つまり実家に向かう日…
な、な、なんと、台風が米子を直撃するとの事!

9月2日の夜は鳥取県大山で大雨とのニュースが流れていました。
「でも、高速バスは動くやろ」と見てた僕が甘かった。

9月3日は、朝の6時まで仕事をして、寝たのが8時半。
昼に起きて、「一応、バスの運行状況の確認をしよう」と、
バス会社の営業所に電話をしたら…、

「今日は全便運休です」
はぁ?なになに???

「ヤバイ!!!」

「じゃあ、電車で帰ろう!」
「その前に、電車の運行状況を調べよう!」と、
スマートフォンで『JR西日本』のサイトを見てみたら、
「鳥取県内は、特急、急行、普通とも全て運休」との事。
「なんじゃそりやー(--;)!!!」状態。

もう、車しかない!
でも車を持ってないので、レンタカーの手配で電話をかけまくり~!
土日の連日で空いてる車があったので、仮押さえして自転車で借りに行きました。

カーナビはオプションで、515円/日。
道路は知っているので、「必要なし」と、カーナビは借りずに出発。

高速道路情報では、中国自動車道の院庄より西と、米子自動車道が通行止めとの事。
そして出発!
ところが、走っている間に山崎~美作が通行止めになってしまう…。

高速道路のサービスエリアは、通行止め解除待ちのトラックでイッパイでした。

山崎インターで降りて、鳥取市へ行こうとするが、
その鳥取市へ向かう国道29号線も通行止めになっているとの事。

山崎から美作まで地道で移動する事に。
そこからが困難との格闘でした。

県道26号線の隣を流れる揖保川は増水で濁流…。
他の川も同様で、道路と同じくらいの水位になっています。

今にも川の水に流されそうな家、
太さ1mくらいの木がオモチャのように転がり流れています。
東北の震災の津波をテレビで見たのと同じ光景でした。
道は消防団や警察の車が走り回り、地域の人は避難をしていました。

車が一台しか通れない山道を走り、美作インターへ。
美作からまた高速道路を走るが、院庄でまた通行止め。

院庄からは、米子に行く181号線でスムーズに到着する予定だったが…、
途中、通行止めで山道へ迂回させられる。とっくに夜になっていました。

そして、181号線に戻ったかと思ったら、また迂回。
強風と雨の中、道路を誘導していたのは、地域住民のボランティアの方だと思われます。

何度かの迂回で山道を走っていたら、道路誘導の人がいました。
「米子に行きたいのですが…」と言うと、
「米子に行く道は通行止めになっているので、倉吉市に出て、そこから米子に向かってください」との事。

山道を倉吉へ向かっていると、『米子』への看板が…。
一か八か、米子方面へ進んでみた。

スマートフォンで現在地を確認したら、蒜山高原の中。
街灯無し、対向車無し。
そして引き続き大山の中腹を時速100Km/hで走る。(制限速度は120Km…笑)

なんとか、181号線に戻れて、また米子を目指すと、また通行止め。。。
道の隣は、濁流の川。

「2~3Km戻って、川の反対側に渡り山越えしたら米子に出れます」と言われ、Uターン。
(しかし、実際には15Kmくらい走った…笑)

そして、今度は大山と反対側の山越え。

通常、米子へは3時間で着くのに、7時間以上を要しました。

運転のほとんどは、街灯の無い広域農道で、対向車も無し。
「そりゃ、バスも電車も全便運休になるわななぁ~」と納得した、法事の前日でした。
スポンサーサイト
2011/09/04(Sun)04:49 | 独り言 | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。