スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新しい楽器♪
新しく楽器を手に入れました。

きっと、私が死ぬまでのお付き合いになると思います。

Macro Nolli のタグ

上の画像は楽器の中に貼られているラベルです。
2001年にイタリアのクレモナという街で、『Marco Nolli氏』が作った楽器です。

楽器は肩が張っていて、楽器も大きく、
常識的に考えても、身体の小さい私が弾くのには向いていません。


Macro Nolli

下の画像、楽器の頭(ヘッド)のカタツムリは作者の特徴が表れます。
なかなか、美しい形。糸巻きが真鍮製なのも高級感があって嬉しいです。

Macro Nolli ヘッド部分

下の画像・は新しく手に入れた『Marco Nolli』(マルコ・ノリ)
は、今まで使ってきた、1994年製『Carlo Corsini』(カルロ・コルシーニ)

Macro Nolli と Carlo Corsini

見比べたら楽器の大きさの違いが解ると思います。
両方とも、イタリアのクレモナという街で作られた楽器です♪(゚▽^*)ノ
この赤っぽい色がクレモナ産の特徴でもあります。


左の『Marco Nolli』は新進気鋭の作者。
右の『Carlo Corsini』はクレモナの重鎮。


今のところ、弾き込んできた『Carlo Corsini作』の方が良く鳴りますが、
楽器の素質は『Marco Nolli作』の方が随分と上だと思います。

また公式サイトの方の【My Bass】のページで詳しく公開します!
5月の末から弾いてると思いますので、また演奏を聴きにきてください(v^ー°)

2009/04/17(Fri)02:52 | 楽器 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
コメント
--おめでとうございます!!--

とうとう、良い楽器が見つかったんですね!!
すごいーーーーー!! 聴きたいです!!(鷲見さん&楽器さんに会いたい!!)
by: katsumimizz * 2009/04/17 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: おめでとうございます!!--

本当はオールドの楽器が欲しいけど、
コントラバスの場合はメンテナンスが大変で…。

楽器が大きく。弦の圧力がかかっているので、
板に割れができて修理ばかりになる事が多いです。
しかも、よく鳴る楽器はあまり見た事がありません。

コントラバスは数も少ないので、見付けるのも難しいでしょうが、
見つけても、日本では1,000万円くらいになってしまうでしょう。

やはり、新作が無難でお金もかからない。
しかし、今回の楽器は、日本で調整した物ですが全然ダメで、
●指板に対してナット(枕)が高い。
●指板のナットから駒側への緩やかなRの凹みが無く、直線状態。
●高音弦から低音弦までの指板のRと、駒のRが合っていない。

その調整がゴールデン・ウイーク明けです。
裏板と側板が剥がれ、隙間が出来てるのも直し、
テールピースの加工、魂柱の作り直し等…、問題が山積みです。

楽器の事を書いたら、ついつい長くなりますね(笑)
また楽器談義をしませう!!!
by: 鷲見和広 * 2009/04/18 02:47 * URL [ 編集] | page top↑
--*クレモナー*--

大変ご無沙汰しております。
マルコ・ノリ高級感があっていいですねー。
お江戸で買ったこられたのでしょうか?
お目見えするのを楽しみにしてます。
その前に普通にライブ聴きにいかなければ(汗)。
近いうちに行きます。

コルシーニさんも去年亡くなってしまいました。
残された妹分を大事に使っていこうと思います。(まだ楽器に腕が追いついてませんが。)
by: zaiko * 2009/04/19 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
--zaikoさんへ--

zaikoさんの『Carlo Corsini』は元気ですか?

コルシーニは、形とかが綺麗に整っていますが、
僕が新しく手に入れたマルコ・ノリは左右で形が違います。

ホンマの手作業で、型とかも決まってないのでしょう。
よりによって、左手で弾く側が肩が張っていて、表板も側板から大きくはみ出てます。
これはハイポジションを弾き難くする為の作戦なのでしょうか?(笑)
G線の3オクターブ上のハーモニクスまで手が届きません(涙)

五月の下旬に出来上がると思うので、またライブの時に寄って下さい。
CU~~~♪
by: 鷲見和広 * 2009/04/20 01:16 * URL [ 編集] | page top↑
--祝!生涯の伴侶♪--

鷲見さーん 
楽器はうらぎらない^^かな
とはいえ 一生のパートナーとして
女の子のように優しく手厚くお大事に~♪
ふきふき、ピカピカ

鷲見さんの奏でる素敵な音
楽しみにしております♪
by: (VO)michikoたん * 2009/04/26 10:01 * URL [ 編集] | page top↑
--(VO)michikoたんさんへ--

楽器に裏切られないといいのですが、弾き難くてイライラしています。

まだ調整に出してはいませんが、楽器を大きく削ると思います。
(普通の気持ちで演奏できるように…)

女の子は苦手ですが、ベースが自分に合うようになってくれるのを願います♪
また共演しましょう!楽器が出来上がったら、またブログを書きま~す。

それでわ。
by: 鷲見和広 * 2009/04/28 01:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bassumi.blog74.fc2.com/tb.php/208-85e51a32
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。