スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
正しいおごり方、おごられ方
オゴる理由

デートの時、女性はおごられるのが当たり前という風潮があります。
しかし、「男性は、8割ほどが“割り勘”派」らしいのです。

最近は、女性がお金を稼いでいてもなんら不思議ではないご時世。

だから、男性も「割り勘」派が増えてきたのでしょうか?
「おごってもらわない方が、後腐れなくていい」という女性の意見もあるようです…。
そこで、デートでの「正しいおごり方、おごられ方」をまとめてみました。

今回は、「男性はおごり、女性はおごられるもの」という観点から、
デートでの男女間の「正しいおごり方、おごられ方」について、勉強しましょう!



◆正しいおごり方◆


◆友達編
女友達と1対1でのランチでは、何も格好つける必要はありません。
ですから、席を立つ瞬間に「今日はおれがおごるよ」と言えばいいでしょう。
「今日は」という言葉にまた今度もあるというニュアンスを残すことになります。

◆彼女編
もうすでにつきあっている彼女との食事では、
毎回男性側が払うというのは経済的にも厳しいので、割り勘もありでしょう。

しかし、月1回程度、基本的に給料日などには、
「今日は給料日だから俺が払うよ」などと言うと、彼女も嬉しいはず。
毎回おごる男性は、逆に「お金大丈夫かしら?」と心配させてしまうので注意。

◆気になる彼女編
彼女がトイレなどに立っている間、勘定を済ませようとする人もいます。
「気付かないうちに…」、気になる彼女にいいトコを見せたい人もいると思います。

しかし、逆に「きもちわるーい」と感じてしまう女性もいるのでやめましょう。
スマートな方法は、何も言わずに伝票をサッと手に取り、会計を済ませましょう。
その自然さを見て、女性も財布を出して「払います」と払う意志を伝えてくるかも?
 
そんな時は、明るく応えましょう!
「じゃあ、今日は俺が出すから、今度どこか食事行った時ご馳走して!」と…。
そしたら、「次はじゃあ、○○行こう」との展開になりやすいので一石二鳥です。

◆仕事上のつきあい編
仕事の相手先との打ち合わせにカフェやレストランなどを使用した際のお会計。
この場合、相手が男女問わず、
クライアントであれば「今日はわたくしが…」と先手を打つべきです
その際の代金が経費として落ちる落ちないは別として、領収書は必ず切ること
相手に「自腹なんじゃないかな?」とムダな心配をさせないように。.



◆正しいおごられ方◆


◆友達編
友達同士であれば、割り勘が普通なんでしょうが、
友達(男性)が「今日はおごるよ」と言ってきた場合、
「えー、いいよー。 私自分の分は出すから」と言ってしまっては、
せっかくの相手の好意をムダにしてしまうことに。
ただ、「えー、ほんとに?やったー」というのは行儀が悪いのでヤメましょう。
この場合は、「え?ほんとにいいの?じゃあ、次回は私がおごるね。ありがとう」と
素直に応えてあげると、男性としても「おごり甲斐」があるというものです。

◆彼氏編
将来的には結婚を考えていたり、
長い付き合いになるんだろうな、という彼氏がいつもおごってくれる。 
というのは、彼女として「させてはいけない」こと。

「経済的に大丈夫なの?」と心配しているなら尚更、
お勘定の件は、日常会話の範囲内で語り合っておくべきです。
経済的にも余裕がある彼氏でも、
いつもおごってもらう事を「普通のこと」と思っているのは絶対ダメ!

毎回会計時に財布を出そうとするのも嫌らしいですが、
「ありがとう。ごちそうさまでした」という感謝の言葉は必ずしっかりと伝えるように。

◆意中の男性編
意中の彼氏と食事に行って、トイレに行っている間に会計が終わっていた。
この場合、女性としてはもっともリアクションが難しいシチュエーションです。
会計を格好良くすまそうとした彼に気を使わせるのも悪いし、
逆に払うそぶりも見せないというのもマナー違反な気がする。
ここは「食事代は男が払うモノ」と、思っていると思われないためにも、
「お支払いしてくれてたんだ。ありがとう。おいくら?」と、
払う意志を見せた方が、彼氏の印象はずっといいはず。

◆仕事上のつきあい編
よく、スーツを着たビジネスマン同士が、
レジの前で「今日は私が」「いえいえ、私が」を見る事も多いでしょう。
マナーとしてはクライアント側が身を引くべきです。

「すみません、それじゃあ今日はご馳走になります」
この場合、やはり男女はあまり関係ありません。.



「男はおごるもの」という古い固定観念が前提で
「上手なおごり方、おごられ方」を書きましたが、いかがでした?


「相手のためにお金を使う」という行為は、別に悪い事ではありませんし、
男性が女性におごるというのも、ある程度「好意」がないとできないです。

皆さんも、その「好意」を受け取る事を、慎重に丁寧に考えてみましょう!

オゴる理由

2009/07/29(Wed)17:18 | 豆知識 | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
コメント
--ふむふむ。--

参考になりやした☆

なんだか、
奢られるのも奢るのも
難しいです。

ハイ。
by: マロン * 2009/07/30 06:54 * URL [ 編集] | page top↑
--マロンさんへ--

自分が金持ちなら問題ないのですが…。

気に入らなかった弦を売ろうとする人間もいるくらいですから…。
by: 鷲見和広 * 2009/07/31 02:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。