スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
のりピー
清純派で売り出し、「のりピー語」などで不思議系アイドルの先駆けとなった

酒井法子

酒井法子

「夫が渋谷区の歩道を歩いていたところを警察官に職務質問され、
覚せい剤が入ったきんちゃく袋を下着の内側に隠していて現行犯逮捕。」


偶然に逮捕されたような書き方ですけど、
コレって警察が前もって相当に調べておいて逮捕してる訳だと思います。
普通に職務質問されて、パンツの中まで調べられますか?

酒井法子は職務質問の直後、電話で呼び出され、現行犯逮捕に立ち会った。
その際、酒井法子も渋谷署へ任意同行を求められたが拒否。
自身の尿検査についても「絶対に嫌です」と拒んだという。

そして、失踪。

酒井法子の実態を知る音楽愛好家らは、失踪したとの一報を聞いて、
「解毒(薬物反応を除去すること)のため逃げ回っている」と語ったらしい。


表向きのイメージとは裏腹に激しいダンスミュージックを愛し、
薬物常習者(ジャンキー)が集まる『薬箱』と呼ばれるクラブでも
10年ほど前から数々の奇行が目撃されていた。


10年ほど前、六本木のクラブで異様にハイな状態になり、
衣服を脱ぎ捨てて踊り狂っているのを見た人もいるらしい。

『薬箱』のVIPルームで酒井法子を見たと、目撃情報も多数あるらしいです。

「野外イベントで酩酊(めいてい)状態だった」との証言もある。


5年前からは左足首にタトゥー(入れ墨)を入れた。
関係者によると同時期に、体重が減り、ほっそりとした体形になる。
夫とその仲間たちとサーフィンに出掛け、美白の肌を焼くことを避けなくなった。


これだけの噂や証言が出るのも、やはり事実だからでしょうか?


93年には、麻薬撲滅キャンペーンにゲストで出演していたとな。( ̄  ̄|||)

先ほどの新聞で、警視庁にファンからの電話が殺到しているとのこと。
「罪をかぶるので、替わりに自分が留置場に入りたい」

熱狂的なファンの方がお気の毒です…。嗚呼、サンミュージック。
2009/08/09(Sun)14:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。