スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
電源供給大作戦!
9V乾電池の必要な物

以前のブログを参照ください。
◆http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-246.html◆

画像左のミキサーですが、演奏中(仕事中)に使っています。
9Vの乾電池で駆動する物でしたが、電池が切れたら音が鳴らなくなります。

それを回避する為に、電源コンセントからDC9Vをとれるように改良しました!

実は、下の画像の9Vの角型のアルカリ乾電池って、400円くらいするのです。
9V角型・アルカリ乾電池

これを一ヶ月に一回交換するとなったら、結果お金がかかります(ノД`)・゜・。

その救世主が、このDC9V電源供給 (*^ワ^*)
9Vの電源

一番上の画像、チューニングメーターとメトロノームも9Vの乾電池が要ります。
これの電池代がバカにならない。。。

チューニングメーターは、もう20年前のYAMAHAの物です。
凄く反応が早く、今現在売っている物には、こんなに反応の早い物は無いです。
どうして、こんな高性能のチューニングメーターを作らなくなったのでしょう?
(現在は、ボタン電池で駆動する簡易型が多いように思います)

メトロノームも、20年前の物です。
メトロノームは4分音符しかならない、ボタン電池駆動の簡易型から、
複雑なリズムまで鳴らせる物まで色々ありますが、
このメトロノームも、当時はもっとも高価なものでした。

いずれも9Vの角型乾電池で駆動するのですが、電池代がバカになりません。
だから、ミキサーと同様にコンセント電源で駆動できる様に改造しました!

電源供給部のコードを出す位置は、ベストの位置を探すのがけっこう難しいです。
円柱型のヤスリで穴をあけます。

これからは、電池の心配をすることなく、ガンガン使えますv(。・ω・。)ィェィ♪

そして、下のような物も買いました。
これを使えば、9Vの電源を使う機器が5個まで使用できます ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

正規品なら2千円くらいしますが、600円くらいで買いました(秘)
電源供給コード

これを繋いだら、こんな感じになります!

もう電池代を気にすることなく、思う存分に周辺機器が使えます。

どうだ、参ったか~~!!!

最大、5個まで扱えます!

2009/12/21(Mon)15:32 | 楽器 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。