スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
悩んだあげく…(-ω-、)
今年の春に楽器を新しくしてから、弦に悩んできました。

弦の張替え

過去のブログ ◆http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-252.html◆

この過去のブログを書いていた時は、楽器が大きい為に音程がとれないので、
駒(ブリッジ)の位置を本来の位置より、11mm上にセッティングしていました。
(結果、弦の長さが15mm程度短かったと思います)

当時は今より弦長が短かったので、この弦のライト・テンションを張っていたら、
弦の振幅が大きく「ベロン・ベロン」して弾き難く、仕方がなく断念…(_ _|||)

ミディアム・テンションの弦に変えたらシックリきました。

そして楽器にも慣れてきたので、本来の位置に駒を戻したのですが…。
弾きたい事の半分くらいしか弾けない状態が続きました。

それは、弦の張りが強くなり、高い音を弾く時の力が凄く必要となったからです。
(現在の弦長:107cm)

そこで、当初のライト・テンションに戻してみました。
そうしたら、大成功!!!
弾きたい事の60%くらい弾けるようになりました(笑)

昔よりも弦を強く張っているので、「ベロン・ベロン」もしないし、
高い音も凄く弾きやすくなりました v(。・ω・。)ィェィ♪
きっと、この弦をずっと使い続けると思います。(もちろん交換はしまっせ…笑)

楽器の調整やら何やらで、大掃除なんか全く忘れています(*^~^*)ゝ いやぁ

本当に楽器って微妙なのです♪(゚▽^*)ノ⌒☆
今度で厄もあけるし。←しつこい!?
2009/12/27(Sun)05:00 | 楽器 | トラックバック(-) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

良い弦が見つかって良かったですね!
同じ弦でも、ミディアムテンションとライトテンションで違うんですね。

そうですか、今まで弾きたい事の半分くらいしか弾けなかったなんて、辛かったでしょうね。。。
でも、60%になって少しは楽になりますね!
高い音が楽に弾けるのとそうでないのとでは、表現の幅が全然変わると思います。
これで慣れたらもっと弾きたい事が弾けるようになりそうですね!

次回演奏を聴かせてもらえるのを楽しみにしています♪

by: さちさち * 2009/12/27 14:10 * URL [ 編集] | page top↑
--さちさちさんへ--

今夜の演奏で弾きましたが、とても納得のいく感じでした。

弦は「トーマスティック社のスピロコア弦」と僕の中では決まったのですが、
ミディアムか、ライトかで迷っていました。
テンションの種類で違うという事は、弦の太さが違うし、
もしかしたら、弦の素材が違うかもしれませんね。

ピアノもサイズが色々ある(弦長が違う)けど、同じ音程にしますよね。
もし、弦の種類が同じなら、弦の張りは全然違うでしょう!

大概は、サイズの大きいピアノの方が響きが豊かになりますよね!
やはり、適度な弦の張りが必要だと思います。
(ピアノは弦楽器と打楽器の両方を兼ね合わせた珍しい楽器ですね)

新しいブランド、または違う種類の弦が発売されるまでは、
今回、張った弦でやっていこうと思います。
なかなか、気に入りました(^^♪
by: 鷲見和広 * 2009/12/28 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

納得のいく演奏ができて良かったですね!

来年からもバリバリ弾きこなして下さい♪

私も楽器を大切に、頑張ります(^0^)/
by: さちさち * 2009/12/29 15:09 * URL [ 編集] | page top↑
--さちさちさんへ--

通常サイズの楽器は3/4というサイズですが、
今は7/8という大き目のサイズの楽器を弾いています。
通常サイズの楽器で演奏できるのが100としたら、
弦をライト・テンションに変えてから75くらいは弾けるようになりました♪
(60%は冗談です…笑)

しかし先日までは、本当に弾きたい事の半分くらいしか弾けなかったです。
来年からは、楽器がもっと馴染んでくると思いますので、ご期待ください!

お互い、頑張りましょう(*^^)v
by: 鷲見和広 * 2009/12/30 02:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。