スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チンニング
チンニングとは…懸垂です。

普通、学校などの体育の時にやる懸垂は、手の幅がもっと狭いです。
(手の幅が狭い懸垂は、腕の筋肉運動になります)
私は背中のトレーニングとして、手の幅を広くして懸垂をします。

チンニング:最下部

昔は広かく厚かった背中も、現在はこんなに小さくなってしまいました…。
でも、またデカイ背中を作りますよ~!(●´∀`)ノ+゜*。

よくスポーツジムに行ったらラットマシンというマシンがあります。
ラットマシン

上のバーを引き下げる動作は、チンニングと酷似していますが、
運動の効果はチンニングの方があるように思いますし、
実際に運動強度も、チンニングの方がキツイです (_ _|||)

チンニング:中間部

背中のトレーニングは、
上下運動(プル系)と、前後運動(ローイング系)がありますが、

プル系は、ラットマシン・プルダウンや、チンニングで、
背中の幅を作り、逆三角形にするのに効果的と言われています。

ローイング系は、文字の通りボート漕ぎをする動作に似ています。
これは、背中の厚みを作るのに効果的と言われています。
種目としては、マシントレーニングが主になります。

しかし、バーベル、ダンベルなどのフリーウェイトしかない場合は、
上体を前傾させてバーベルを引く、ベントオーバー・ローイングか、
同じく前傾させて片手でダンベルを引く、ダンベル・ローイングをします。

チンニング:最上部

背中の筋肉は見えない為に、運動が難しく、
背中の筋肉の動きを体感できるようになるには慣れを必要とします。
多くの人は、背中の筋肉で引っ張るのではなく、手で引いているのを見受けます。

背中が意識できるようになれば、「背中が見えている」と言ったりします。

「だから、どうした?」と言われたら困るのですが…、
実は、背中のトレーニングをしたら、肩こりから解放されるのです。

お勧めです!肩こり予防!

しかし、チンニングの写真撮影は、デジカメを三脚に立てて…と難しかったです(笑)

ジムまで、徒歩5歩。
毎日、こつこつとトレーニングをしています♪

デカクなります (っ`・ω・´)っ
2010/08/15(Sun)14:08 | 筋肉 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。