スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Wilson&Full Circle復活!
ベース(コントラバス)用のピックアップは多くの種類がありますが、
僕は、WilsonとFishman FullCircleのブレンドが最高と思っています。

今年の初めに楽器を新しくし、それを機会に『山彦』のピックアップを試しに付けてみました。
しかし、お金を費やしましたが、最終的に僕の希望する音にはなりませんでした。
山彦は、既に売却済…。

そして、新しく駒を作り、今日お気に入りピックアップ(Wilson&FullCircle)に付け替えました~♪

20131218_3.jpg

今回の付け替え作業道具、一覧。

20131218_2.jpg

今回のピックアップ取り付けも無事成功!
音量バランスも、音色もバッチリです。


前回の夏場のWilsonピックアップの取り付けブログ
http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-235.html
他にもWilsonの取り付け方法の記事は何度か書いていると思います。
今後、取り付ける人は是非とも参考にしてください。

今回は冬なので湿度対策に灯油のファンヒーターを活躍させました。

20131218_1.jpg

Wilsonのピックアップの取り付けは繊細で難しいです。
ピックアップ端子の直径は5mm。
4.9mm径のドリルで穴を開けて、専用の棒状のヤスリで0.1mm穴を広げるのが標準のやり方ですが、そこで失敗する人が多いです。

私の弟子の高●さんがWilsonを楽器屋さんに取り付けてもらったらしいですが、
穴を広げ過ぎたのでしょうか?
G線とD線の音量が小さくて良くないらしいです。

僕の過去ブログを読んだら、細かく説明してあるのに、それを読まずに工房任せにしたらしいです。
前回のブログでも書きましたが、僕は穴を5mmまで広げたら良くないと思っています。

これが今回の、ピックアップ取り付けの全容画像です。

20131218_4.jpg

20131218_5.jpg

■過去のWilson取り付けに関するブログ記事一覧
http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-323.html
http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-373.html
取り付ける時は参考にしてみてください。
2013/12/18(Wed)17:35 | 楽器 | トラックバック(-) | コメント(3) | page top↑
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/07/15 15:55 * [ 編集] | page top↑
--出力ジャックの問題点?--

ご無沙汰してます。某島住みのたぬきです。
ぼくのコントラバスも紆余曲折の末に
フルサークル(中古)と同社のBP-100
のブレンドにしました。
ブレンド/MIXにはLRバグスのMIX PRO(プリアンプ)を使っています。
2つのピックアップ個々のゲインを適正に整えた上で自由にバランスが変えられ、高音、低音(周波数調整可能)の調整やインバート(位相)反転(ハウリング対策)が可能(かつコンパクトで安価)な唯一無二の優れ物。


BP-100はアメリカの名手の某シュワルツ氏発とも言われる瞬間接着剤で貼り付ける荒業。
これによりサウンドクオリティ、レンジ、レスポンス、更にゲインが大幅に改善され使える状態になります。

楽器の調整、状態に拘り、ピックアップにもあれこれ拘って、、、
1つ重大な見落としているポイントがフィッシュマン社の弦間にブランコ状態で引っ掛ける出力ジャック。
流石に取り付けが簡便で上手い具合に考えた物ですが
楽器の鳴りや反応と言う面からは明らかにミュートか巨大な?ウルフキラー様に働くのは当然の理。
せっかくの良い楽器や大枚叩いて?調整、状態を台無しにしかねない代物。

ぼくはちょっと工夫してテールピースに固定しました。
、、、これも厳密にはテールピースの重量増加に成って振動モード(鳴り)に影響が有りますが
弦間ブランコよりは遥かにマシ)

これにより、楽器が本来のオープンな鳴りになります。
by: たぬき * 2017/05/04 21:20 * URL [ 編集] | page top↑
--Re:出力ジャックの問題点?--

いつもコメントありがとうございます。
色々と試されてるみたいで凄いですね!

FISHMANのBP-100のを瞬間接着剤で固定する荒業は…、アメリカの名手の某シュワルツ氏ですか?
同じ人か分かりませんが、10年くらい前?に、シュワルツさんが日本ツアーに来た時に僕のベースをレンタルしましたよ。

FISHMANのジャックは弦に挟んで取り付けますが、僕はウルフキラー的になってて良いかも?と思っています。
チューニング(調弦)が微妙に狂っても乱共鳴するので、必要のない共鳴は要らないと思いますが、どうでしょう?
by: 鷲見和広 * 2017/06/29 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。