スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お盆の大山登山
足を怪我して、とりあえず応急処置をして登山靴を履いて階段を歩いてみました。
「よし!これなら行ける」と安易な自己判断にて出発。


大阪から大山を目指す人は、中国自動車道に乗り米子自動車道を通って行くと思います。
これってずっと高速道路が有料なんですよね…。

私は中国自動車道に乗りますが、途中の作用JCTで鳥取自動車道に入ります。
なんと鳥取自動車道は無料です!
追い越し車線が無いので少々スピードは落ちますがタダは魅力です。
鳥取市からは海岸線沿いを山陰自動車道が開通しました。
山陰自動車道を西(米子方面)に走りますが、ここも無料です!
途中で国道9号線のバイパスになったりもしますが、
信号が無いのでストレスは無く、タダという事への満足感に浸れて幸せになるルートです。

米子の手前の大山インターで下りたら15分くらいで大山の登山口ですが、
その手前の名和インターで下りて大山町の実家に寄りました。
時刻は22時過ぎ。弟が家にいました。

「今から大山に登って、明日下山してから墓参りに行くから」と立ち話。
弟に「その足で登れるか???」と言われてしまいまいた(^^;
わずか3分ほど実家に滞在し、大山登山口へ向かいました。


午前1時半に登山開始。
もちろん真っ暗なのでヘッドランプを付けて。
大山のスキー場辺りからの出発だけど、かなり蒸し暑い…。

満月になる前だったので、月が真上にありました。
半月とかなら月が上がってないので真っ暗で、満天の星が見えるのですが、
それでも綺麗な星が見えます。

高度を上げて行ったら、なかなかの高度感。
米子の街灯りを見下ろすような感じでした。
夜の山は巨大なナメクジがキノコを食べていたり、なかなか愉快です。

そのうち風が吹いてきて涼しくなってきました。
どうやら雲の中に入ったみたい。
景色は見えなくなり、ガスってます。
そして標準コースタイムよりも30分早く山頂に到着!
時刻は4時。まだ真っ暗です

日の出は5時過ぎなので、服を着こみしばらく休憩です。

IMG_3609.jpg

薄っすらと明るくなってきたら見渡す限りの雲海でした。
つまりは雲の上です。

そして日の出゜*。(*´Д`)。*°

IMG_3615.jpg

IMG_3622.jpg

日の出は綺麗にバッチリ見れました!

その直後にブロッケン現象に遭遇しました!

◆ブロッケン現象とは◆
大山のブロッケン現象はこちら

登山で行けるのは弥山(みせん)の手前まで。
その先は崩落が激しく縦走禁止になっています。


IMG_3606.jpg

左側に見えるピークが本当の弥山山頂です。
そして、右に見える奥のとがった山が剣ヶ峰(大山の最高峰)です。
この稜線はその先も続きますが、とても危険な場所です。
YouTubeで「大山 縦走」と検索したら、
そこを縦走してる人の動画が沢山ありますが、あまりにも危険過ぎます。
ロープでの確保もできないので踏み外したら死です。
弥山と剣ヶ峰の間には「ラクダの背」と呼ばれる細尾根があり、危険度120です。

今回、弥山まで登った時も縦走している人がいました。
弥山側から縦走するのには夜でしょう。明るくなってからは皆に罵倒されるからです。
明るくなってから縦走する人は、人の少ない反対側から弥山に行くみたいです。

IMG_1423.jpg

写真は弥山ですが、踏み跡がしっかり付いています。
縦走禁止なのに行ってる人が多いのでしょうね。



IMG_1421.jpg
山頂避難小屋・去年撮影

日の出前は寝袋で寝ている人が多かった山頂避難小屋ですが、
日が昇ってからはガラガラになりました。
避難小屋の中でコンロを焚き、肉野菜入りラーメン&雑炊を食べました。
ビールの350ml缶を小屋の売店で買いましたが800円でした(^-^;

雲がかかってなかったら米子の街並み、弓ヶ浜半島から境港まで見えて、
条件が良ければ隠岐の島まで見えますよ~!

IMG_1410.jpg
去年撮影

しかし、今回はこんな感じ…

IMG_3680.jpg

晴れてるけど雲の上。

下山途中には雲も切れましたが、北壁はかすんで見えます。

IMG_3686.jpg

下山は足の怪我が痛みました。
しかもルートは急坂を選んだので余計です。
靴を脱いだら血も出てて、
結果、下山は11時半になりました(笑)


IMG_3668.jpg

大山の登山口付近にあるmont-bellに寄り、大山店限定のTシャツをゲット!

IMG_3708.jpg

そして大山の温泉に入り、実家で墓参りをして深夜に大阪に帰りました。

この全行程での睡眠時間は…1時間20分。
疲れた~~~(´・ω・`)


そして、今週末も大山町に行きます。

IMG_3678.jpg
2016/08/31(Wed)00:48 | | トラックバック(-) | コメント(6) | page top↑
コメント
----

お疲れ様でした。
景色が素晴らしいですね。
でも 私は登りません。(笑い)
by: kazu * 2016/09/01 14:43 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2016/10/26 09:38 * [ 編集] | page top↑
--それ、先祖供養です。--

お盆に地元の神聖なお山に登るのはある意味、最も尊く全うな先祖(祖霊)供養です。
何となれば伯耆大山は祖霊が集い鎮まる山に他なりません。
元来、お山に参る(祖先霊をお迎えする)処を簡略化して麓の施設(拝み墓)から遥拝している事に成りますから
今度はお酒でも持って言ってご先祖さまを偲んでみては如何でしょうか?

by: たぬき * 2016/11/04 07:43 * URL [ 編集] | page top↑
--たぬきさんへ--

コメント、ありがとうございます。

確かに山は仏教では神聖な場所とされていますよね。奈良県の大峰山(山上ヶ岳)は女性の入山は未だ許されていません。それは相撲の土俵と同じ考え方みたいです。

実家のある米子の方では「大山が守ってくれてる」と皆が言っています。
次回は実家の集落の地酒を持って行くのもいいかもですね。くれぐれも山頂で飲んで酔っ払わないようにしたいと思います。
by: 鷲見和広 * 2016/11/06 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2017/01/11 14:25 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2017/01/11 16:02 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。