新しい靴は最強!!!
登山には、それに見合った靴が必要です。

普通の山歩きなら、登山靴またはトレッキングシューズという物を履きます。
岩壁を登るなら、つま先でホールドに立つためのクライミングシューズ。普通では考えられないほど小さめのサイズを履きます。
沢を遡行するなら、濡れた岩で滑らない沢靴を履きます。

靴底を車のタイヤに例えると…、
登山靴はオフロードタイヤ、クライミングシューズはレーシングタイヤ、沢靴は???
登山靴やクライミングシューズは確立されているけど、沢靴は曖昧です。
フェルト底もあれば、ゴム底もあります。それぞれ長所と短所があります。
最強は地下足袋にわらじの組み合わせらしいですが、わらじは壊れやすい、装着が難しい、入手しにくい。

僕の場合、沢は歩くけどズブ濡れになるまで水に入らないので登山靴風の沢靴が欲しかった。

登山靴で滝を登ったら滑る。
沢靴なら靴の中が濡れてしまう…。

ベストは、登山靴のように防水で、ソールは沢靴のように岩で滑らない物でした。
しかし、そんな中間的な靴はほとんど無いのです(_ _|||)

しかし、探したらありましたv(。・ω・。)ィェィ♪
試し履きしたら僕の足にもフィットしました!

IMG_5603.jpg

5.10(FIVE TEN)の、ガイド・テニーという靴のミドルカット!

IMG_5602.jpg

ソールは一般的な登山靴とは違い、形状はフラットで、ステルスソールが使ってあります。

ステルスソールの中でも、C4というクライミングシューズに使われるのと同じ素材!
つま先はフラットになってるので岩への吸い付きも良さそうです。



エイプリルフール?4月1日にドカ雪が降りました~(*゚▽゚*)
普段通りスパッツを装着して小滝を遡行します。

スパッツを装着する理由は、ズボンの裾が汚れない、上からの水や雪が靴の中に入ってこない等です。
普通、スパッツを装着する時は、靴底の土踏まずの所にゴムひもを通して固定するけど、ゴムひも外して着けました。(靴底がフラットで土踏まずが無いからです)
しかし、スパッツは全然ズレませんでしたv(。・ω・。)ィェィ♪

IMG_5613.jpg

■ 以下の写真は雪の無い時の画像です。 (雪があったら不明瞭なので…)

IMG_5557.jpg

テスト歩行をしてみました。

IMG_5561.jpg

滑らないので、補助ロープを使わなくてもガンガン登れます!

IMG_5565.jpg

尾根ルートは山の稜線を歩く事が多いので、最初は急登だけど後は緩やかな場合が多いです。
逆に谷ルートは尾根と尾根の間を歩きます。最初は緩やかな登りでも最後に急登が待っています。

IMG_5570.jpg

ここは蟻地獄。ロープがないと這い上がれません(´・ω・`;)

IMG_5571.jpg

雪が降ったら、こんな感じになります。
逆に雪の方が滑らないかもです… ( ̄m ̄*)

IMG_5612.jpg

無事に山頂広場に到着!
昼は人がいっぱい!知らない人に写真を撮ってもらいました~

IMG_5623.jpg

2017/06/29(Thu)01:49 | | トラックバック(-) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

登山靴といっても いろいろあるんですね
知りませんでした。勉強になります。

ここまで本気の登山とは思いませんでした。
鷲見さんは何事にも本気で取り組まれるのですね。
私も見習って 精進します。(笑)
by: Kazu * 2017/06/29 07:05 * URL [ 編集] | page top↑
--Kazuさんへ--

自分の趣味の話をするのは楽しいものです。
20年くらい前ですが、Mraz氏はトローリングで釣り上げたカジキマグロの写真をいつも持っていて、よく見せてもらいました!
その頃は僕も釣りバカで船まで持ってました 笑

今は休みがあれば山ばかり行ってますが、ホームグラウンドの金剛山では登山道ではない谷を詰める事が多いです。
滑って怪我をしたら次の人が通るまで何日も動けない状況になるので、インターネットで登山届を出して、下山時刻を7時間過ぎたら捜索してもらえるようにしています。
もちろん山岳保険にも入っていますよ!

次回のブログはベースネタですよ!
お楽しみに〜(・ω<)☆
by: 鷲見和広 * 2017/06/29 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます--

待ちに待った ベースネタ (笑)
楽しみです。
by: Kazu * 2017/06/30 09:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

時節柄、酷暑中お見舞い申し上げます。
熱中症ほか諸々ご注意とご自愛なさってください。

金剛山はいつも遥か遠望しています。
因みに神話の主な舞台は金剛山=高天山を中心に進んでいるんだそうです?

高天山(金剛山)の東麓の高台一帯(御所市~葛城市)を高天ヶ原と名付けたようです
なかんずく、御所市内の高天地区がいにしえの都=ヤマトで高天ヶ原(意味的には国の首都)

出雲帝国が渡来人(有り体に、徐福ら一味(天皇家に繋がるらしい故にアンタッチャブル))らに引っ掻き回され国の簒奪~存亡の瀬戸際に立たされた時(当時の大王、副王共に同時期に殺害された。)
渡来人らとの共住を忌避した王族や出雲人らが
先ず、出雲東王家の富/向家の御子(奇日方命。)らが葛城中部に移住(登美家と号した)。
殺害された父親の八重波津身命を神祠に祀り氏神としたのが葛城の鴨都万波神社。いわゆる葛城の下鴨神社。(事代主神、少彦名神、粟島神(殺害された場所が米子の中海の粟島)、シズの岩屋の神(=殺害された場所))
それを頼って別の王族(西王家の神門臣家。殺害されたいわゆる大国主神=八千戈命(第8代大王)の遺児や子孫ら)と出雲人らが葛城南部に移住(高鴨家と号した)
味耜高彦命(高賀茂神社)他をそれぞれ神祠に祀り氏神とした。
この2家を併せて鴨族(神をカモと発音した=鴨族=王族)とも

そこに件の渡来人らの血をひく丹波勢力(母系は出雲の王族)が葛城北部辺りに大量に流入して大変な勢力を誇った事を見た先住の鴨族らは丹波勢力の首長、天村雲命を大王と認めて、后に登美家の天日方奇日方命の妹君、タタラ五十鈴依媛を送り
此処に大倭国(葛城丹波連合王国)が成立。
初代大王に天村雲命が即位(神武天皇の一人目のモデル)
以下、いわゆる欠史八代に名を列ねた天皇(大王)が天村雲命に始まる大倭王家(葛城の出雲系王族(鴨族)と歴代婚姻する慣わし)
、、、栄光の日々はやがて同じ渡来人らの血をひく遠縁の九州勢力ら(天皇家に列なる)に逐われ、、、
その大倭の新たな主となった九州勢力も僅か三代で同じく後発の九州勢力らに攻め滅ぼされ、、、

先に逐われた元主は吉備国を建てた勢いで有ろうことか本宗家である出雲帝国に攻め行って
親戚筋と気を緩めていた出雲側はワヤクチャに。最終的には態勢を建て直して吉備国勢力を押し返し膠着状態に。元倭国大王、吉備国王は出雲の地で(土地の美人と酒池肉林に耽り)崩御。
その出雲に侵攻してきた大王の名前に因み名付けられた山が孝霊山

かなり時間が戻りますが古里の伯耆大山には出雲神族らの三ツ柱の最高神の主神、クナト大神を祀っていたそうです。
(クナト大神を横領したのがイザナギ大神。他バブル)

土地柄、東王家の富/向家の御料地かと思われます。
、、、金剛山の神社は貴殿の氏神筋そのものかと拝察する次第。(神とご先祖さまのお導き)

后神、サビメ大神を祀るのが三瓶山(近代まではサビメ山と呼んでいたらしい。それが都合が悪いので三瓶を宛た?)
by: たぬき * 2017/07/17 19:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ