新しい靴は最強!!!
登山には、それに見合った靴が必要です。

普通の山歩きなら、登山靴またはトレッキングシューズという物を履きます。
岩壁を登るなら、つま先でホールドに立つためのクライミングシューズ。普通では考えられないほど小さめのサイズを履きます。
沢を遡行するなら、濡れた岩で滑らない沢靴を履きます。

靴底を車のタイヤに例えると…、
登山靴はオフロードタイヤ、クライミングシューズはレーシングタイヤ、沢靴は???
登山靴やクライミングシューズは確立されているけど、沢靴は曖昧です。
フェルト底もあれば、ゴム底もあります。それぞれ長所と短所があります。
最強は地下足袋にわらじの組み合わせらしいですが、わらじは壊れやすい、装着が難しい、入手しにくい。

僕の場合、沢は歩くけどズブ濡れになるまで水に入らないので登山靴風の沢靴が欲しかった。

登山靴で滝を登ったら滑る。
沢靴なら靴の中が濡れてしまう…。

ベストは、登山靴のように防水で、ソールは沢靴のように岩で滑らない物でした。
しかし、そんな中間的な靴はほとんど無いのです(_ _|||)

しかし、探したらありましたv(。・ω・。)ィェィ♪
試し履きしたら僕の足にもフィットしました!

IMG_5603.jpg

5.10(FIVE TEN)の、ガイド・テニーという靴のミドルカット!

IMG_5602.jpg

ソールは一般的な登山靴とは違い、形状はフラットで、ステルスソールが使ってあります。

ステルスソールの中でも、C4というクライミングシューズに使われるのと同じ素材!
つま先はフラットになってるので岩への吸い付きも良さそうです。



エイプリルフール?4月1日にドカ雪が降りました~(*゚▽゚*)
普段通りスパッツを装着して小滝を遡行します。

スパッツを装着する理由は、ズボンの裾が汚れない、上からの水や雪が靴の中に入ってこない等です。
普通、スパッツを装着する時は、靴底の土踏まずの所にゴムひもを通して固定するけど、ゴムひも外して着けました。(靴底がフラットで土踏まずが無いからです)
しかし、スパッツは全然ズレませんでしたv(。・ω・。)ィェィ♪

IMG_5613.jpg

■ 以下の写真は雪の無い時の画像です。 (雪があったら不明瞭なので…)

IMG_5557.jpg

テスト歩行をしてみました。

IMG_5561.jpg

滑らないので、補助ロープを使わなくてもガンガン登れます!

IMG_5565.jpg

尾根ルートは山の稜線を歩く事が多いので、最初は急登だけど後は緩やかな場合が多いです。
逆に谷ルートは尾根と尾根の間を歩きます。最初は緩やかな登りでも最後に急登が待っています。

IMG_5570.jpg

ここは蟻地獄。ロープがないと這い上がれません(´・ω・`;)

IMG_5571.jpg

雪が降ったら、こんな感じになります。
逆に雪の方が滑らないかもです… ( ̄m ̄*)

IMG_5612.jpg

無事に山頂広場に到着!
昼は人がいっぱい!知らない人に写真を撮ってもらいました~

IMG_5623.jpg

2017/06/29(Thu)01:49 | | トラックバック(-) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

登山靴といっても いろいろあるんですね
知りませんでした。勉強になります。

ここまで本気の登山とは思いませんでした。
鷲見さんは何事にも本気で取り組まれるのですね。
私も見習って 精進します。(笑)
by: Kazu * 2017/06/29 07:05 * URL [ 編集] | page top↑
--Kazuさんへ--

自分の趣味の話をするのは楽しいものです。
20年くらい前ですが、Mraz氏はトローリングで釣り上げたカジキマグロの写真をいつも持っていて、よく見せてもらいました!
その頃は僕も釣りバカで船まで持ってました 笑

今は休みがあれば山ばかり行ってますが、ホームグラウンドの金剛山では登山道ではない谷を詰める事が多いです。
滑って怪我をしたら次の人が通るまで何日も動けない状況になるので、インターネットで登山届を出して、下山時刻を7時間過ぎたら捜索してもらえるようにしています。
もちろん山岳保険にも入っていますよ!

次回のブログはベースネタですよ!
お楽しみに〜(・ω<)☆
by: 鷲見和広 * 2017/06/29 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます--

待ちに待った ベースネタ (笑)
楽しみです。
by: Kazu * 2017/06/30 09:03 * URL [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2017/07/17 19:45 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る